今回裾上げしたパンツは…EDWINのジーンズ!

本日は当店にて裾上げさせていただいた裾直しの事例をお送りします。今回洋服お直しさせていただいたのは、EDWIN(エドウィン)のジーンズです。
ジーンズメーカーというとリーバイスなど米国メーカー・ブランドをイメージしてしまいますが、EDWIN(エドウィン)は日本が生んだジャパニーズ・デニムブランドです。まさに「ジーパン」という和製英語?がぴったりなブランドですね。こんなこと、当コラムを読んでらっしゃるオシャレ上級者のみなさんには常識なことですね。ま、今コラムを書いている私も、裾上げ屋さんを始めるまではリーバイスとEDWINを混同してたのは内緒です。笑

誰もが知る有名ブランドの0 - ズボン裾上げ事例:EDWIN(エドウィン)のジーンズ「エドウィン」ですから、EDWINのジーパンはショッピングセンターやネットショッピング、古着屋さんと日本全国で流通しています。新品ならば購入したお店で試着・採寸・丈詰めをしてもらえるでしょうが、そうでない場合も多いと思います。そんな時は、洋服お直し店や洋服リフォーム店に持ち込む必要があるわけですね。お直しコムも選択肢のひとつですね。

0808 1 300x225 - ズボン裾上げ事例:EDWIN(エドウィン)のジーンズ

裾上げしたEDWINのジーンズ

今回ご依頼いただいたEDWINのジーンズ3点は「家からコース」でご依頼いただきましたが、全てかなり履きこまれた、つまり中古の状態でした。メルカリやヤフオクなどのフリマアプリで古着として購入されたか、お友達から譲り受けられたのでしょうか。「このままでは裾が長くて履けない!」となり、ネット等で裾上げ屋さんを探されて当店に辿りつかれたのだと思います。

GAPオリジナルのステッチ糸を忠実に再現

お直し予約は「おまかせ仕上げ」ではなく、現状の裾と同じく「三つ折りステッチ仕上げ(790円)」でご依頼いただきました。その指示に従い、丁寧に採寸・裁断・縫製・プレスをして裾上げをご提供させていただきました
EDWINは本格的なデニムメーカーですので、今回のパンツの裾もチェーンステッチミシンで縫製されており、裾端には見事なウネウネのアタリ(=ダメージ加工)がついた状態でしたが、通常の裾上げ=「三つ折りステッチ仕上げ」だと残念ながらこれらは消えてなくなってしまいます。しかし何度かご着用~お洗濯を繰り返して頂くことで、自然なアタリがついていきます。お客様自身で作るデニムの裾、ダメージ加工もなかなか乙なものですよ。
ちなみに「裾上げ直後でもアタリが欲しい!」という方には、「アタリ(ダメージ加工)残し仕上げ(2990円)」もご用意しておりますので、こちらをご依頼ください。「本当に裾上げしたの!?」という状態にてデニムの裾を自然に短くすることができます♪

今回のご利用に際して、こちらのお客様が当店へお支払いになられたのは、

<お直し料金>
・「三つ折りステッチ仕上げ(790円)」×3
糸はずし等の自動追加サービスはナシ

<往復の送料>
お客様からお直しコムへの送料(実費) ※往路。お直しコムへの支払いはナシ
お直しコムからお客様への送料(290円) ※復路。当店から東京都の場合

上記の通り、合計で2,660円(税別)でした。つまり、送料を含めても1点あたり886円となります!一般的に街中にある洋服お直し店で裾上げをすると1点1,000円程度と言われていますので、自宅まで運んでもらえてこの金額であれば、お値打ちだと思っていただけるのではないでしょうか?

実店舗の裾上げよりも早くて・便利!?

安いのはわかったけど、納期・スピードはどうなの?と思われる方もいらっしゃると思います。今回のお直しは「納期A」でしたので、なんと最速で入荷の翌々日にお直しを終えて、お客様へ返送することができます。水曜に入荷したら、週末には履いて頂けることになります。この納品スピードは、依頼数が増えても変わりません。お直しコムの強みの1つです。

今回はEDWINのジーンズでしたが、リーバイスやBIGJOHNなど、お直しコムでは非情にたくさんのデニムパンツのお直しをさせて頂いています。ジーンズの裾上げは最も依頼が多いお直しながら、大変高い技術を要します。あなたの大事なエドウィンのジーパンは、裾上げ実績多数の裾上げ専門のお直しコムまで!皆さんからのお裾直しのご依頼、お待ちしております。

お直しコムの裾上げに興味をもたれた方はこちら

お直しメニュー・ご利用料金
ズボン裾上げの料金表
スカート丈詰めの料金表
Tシャツ着丈詰めの料金表
採寸の仕方
お直しの納期
ご利用前に会員登録

おすすめの記事