今回裾上げしたズボンは…ワークマンの防寒パンツ!

本日は当店にて裾直しさせていただいたお直し事例をレポートします!今回裾上げさせていただいたのは、ワークマンの防寒パンツです。「防寒ズボン」といっても色々な形状・仕様がありますが、今回のパンツは表地・外見は通常のチノパンですが、身体が触れる内側(裏地)に暖かいフリース素材が使われたズボンでした。つまりやや通常よりも厚い1枚の生地で作られたパンツでした。この場合、当店でいうと自動追加サービスの「裏地あり加工」は課金されません。「裏地あり加工」は、生地が2枚に分離している場合に必要となります。

ワークマンのパンツは、とにかく高付加価値!

今回のパンツの値札タグを見えると、なんと商品定価は2,900円(税別)とのこと!裏地付きという防寒の機能性、素材感や縫製の丁寧さ、ワークパンツとは思えない洗練されたデザインを考えると破格だと思います。ニュースなどで業績が大変良いとは聞きますが、やはりワークマンさんはすごいですね。作業服やワークパンツを求める働く男性だけでなく、安くて良いものを求める一般ユーザーからも評価されているのも納得です。まさに付加価値の高いブランド、ショップさんですね。

厚手パンツの裾直しは、裾上げテープは不向き!?

ちなみにワークマンでは、全国の実店舗はもちろん、公式ネットショップでも裾上げ対応をされています。ほとんどの実店舗には工業用ミシンが設置され、購入後に即日で裾上げをしてくれるようです。また公式サイトでは400円の低価格で裾直しを対応されている模様です(2019年3月時点)。ですので、メルカリやヤフオクなどのフリマアプリで購入されたパンツのか、それとも勤務先で支給されたズボンなのか、今回のお客様がどのような経緯で当店をご利用いただいたかは分かりません。ただし、ご自身で裾上げテープを使って裾直しをされなかったのは、本当によかったと思います。今回のような厚手のパンツは、熱が伝わりにくく裾上げテープでの接着が難しいですし、裾もゴロゴロとしていしまうので、特にオススメしません。

IMG 2379 300x225 - ズボン裾上げ事例:ワークマンの防寒パンツ

裾上げしたワークマンの防寒パンツ

ワークマンより早い!?業界最速レベルの納期でお届け

お直し予約は「おまかせ仕上げ」でご指定いただいておりましたので、当店では現状と同じく「三つ折りステッチ仕上げ(790円)」で裾上げさせていただきました。ただし、今回は現状から数cmの裾上げでしたので、裾の縫製を取りはずす「糸はずし(+190円)」を縫製前にご提供させていただきました。画像をよーく見て頂くと、糸をはずした後のミシン針穴が見えると思います(このような針穴は基本的には残ってしまいますので、ご了承ください)。ややストレッチの利いた素材でしたので、ニット素材用のミシン糸を用いて縫いました。ベージュ・カーキ系の糸色も、本体の色にキレイにマッチしているかと思います♪

今回のご利用に際して、こちらのお客様が当店へお支払いになられたのは、

<お直し料金>
・「おまかせ仕上げ」→「三つ折りステッチ仕上げ(790円)」
・「糸はずし(+190円)」

<往復の送料>
お客様からお直しコムへの送料(実費) ※往路。お直しコムへの支払いはナシ
お直しコムからお客様への送料(490円) ※復路。当店から大阪府の場合

上記の通り、合計で1,470円(税別)でした。今回のお直しは「納期A」でしたので、最速パターンで入荷翌々日に丈直しを終えて、お客様へお届けできます。ですので、週の前半にワークマンオンラインショップで購入したパンツを水曜までに当店に入荷いただければ、週末までに裾上げした状態でお届けできるわけです。実はワークマンの公式通販サイトで購入と同時に裾上げを依頼した場合、通常から14日後の発送となってしまうため、当店をご利用いただいた場合のスピードはケタ違いということがお分かりいただけると思います。

上記の納期の理由からか、今回には今回のような「家からコース」だけでなく「店からコース」でもワークマンさんのズボン・パンツが多数入荷しています。せっかく選んだ防寒パンツ、作業ズボンは少しでも早く履きたいですもんね。お直しコムならば、繁忙に関わらず、業界最速レベルの早い納期で裾直しをご提供できます!パンツ・ズボンの裾直し・丈詰めは、裾上げ専門のお直しコムまで!お待ちしております。

お直しコムの裾上げに興味をもたれた方はこちら

お直しメニュー・ご利用料金
ズボン裾上げの料金表
スカート丈詰めの料金表
Tシャツ着丈詰めの料金表
採寸の仕方
お直しの納期
ご利用前に会員登録

おすすめの記事